1. 最短でお金を借りる
  2. お金借りるコンテンツ
  3. ≫絶対にお金を借りてはならない闇金融

絶対にお金を借りてはならない闇金融

絶対にお金を借りてはならない闇金融
新聞やテレビのニュースで時々取り上げられる、闇金融とはどういったものなのでしょう。

不特定多数の人々から利息を取ってお金を貸す商売を金融業と呼びます。

また、これらの行為については、民法や貸金業法などに基づく厳しい規制があります。

さらに利息制限法や総量規制で、利息や借入額の上限がはっきり決められています。闇金融とは、これらを一切無視して、高い金利やあくどい取り立てを行う非合法の業者の総称です。

では、人は何故闇金融に手を出してしまうのでしょうか。

闇金融業者の狙いや手口は?

闇金融業者の狙いや手口は
闇金業者は、名簿屋から手に入れた、金融トラブルなどで銀行などから借り入れができない人を網羅した、いわゆるブラックリストを利用して、個人宅にダイレクトメールを送ったり、直接電話をかけて借入の勧誘を行います。

ダイレクトメールには、あくまでも法定金利で、現在他の金融機関から借りられない貴方に融資しますなどと甘い宣伝文句が書かれています。

しかし、実際に申し込みをすると、信用を付けるまでの間は多少金利が高くなることを承知してくれれば、すぐに融資をしますというような言い回しで、法定金利をはるかに上回る高利の契約を結ばせようとします。

結果的に元金を超える金利を支払うのは自分自身なので、ここではっきり断れば何の問題もないのですが、それまでに、自分の住所や仕事内容、あるいは住まいの形態から家族構成まですべて申告してあることを考えると、なかなか断る勇気が出ないというケースも少なくありません。

怪しいダイレクトメールなどには絶対に連絡をしないことが何より大切です。