1. 最短でお金を借りる
  2. お金借りるコンテンツ
  3. ≫お金を借りるときの書類は

お金を借りるときの書類は

お金を借りるときの書類は
近年、インターネットの普及により、借入に際し今まで必ず必要だった紙ベースの証明書類が省略されるようになりましたが、やはり、運転免許証やパスポートなど顔写真付きの身分証明書は最低限必要になっています。

先ずは、自分の身分を証明するものはすべての基本ということになります。

また、資金使途や融資額などによっては、源泉徴収票や課税証明書など、自らの収入を証明するものも必要になってきます。

さらに、住宅ローンを始めとする使途がはっきりしていて且つ金額が大きいものについては、別途必要な書類が多くなります。

住民票や印鑑証明書などは、借入本人及び連帯保証人共々用意しなければなりません。

では、これらの書類は何のために必要なのでしょう。借入には必ず審査が伴います。

お金を借りるときの審査の基準とは

お金を借りるときの審査の基準とは
審査の基準を一言でいうと、貸したお金をきちんと返済できるか否かということになります。

現在では、消費者金融や銀行など、ほとんどすべての金融機関は系列の個人信用情報会社との業務提携を行っています。

信用情報会社では、現在までの借入状況や返済状況、あるいは金融事故の有無など個人ベースの詳細なデータを基に、融資を行ってよいかどうかだけではなく、個人ごとの借入限度額を決定します。

また、例え融資が不可になった場合においても、借入申請者に対しその理由を告げることはしていません。

もう一つ、融資申込に際し、始めから関係書類をきちんと揃えることは、申し込み本人のイメージをアップさせることに繋がることも確かです。