今すぐ最短でお金を借りる!お金が無い緊急時に頼れる絶対に失敗しないカードローン

【失敗しない】最短でお金借りる!今すぐ借りれるカードローン

【失敗しない】最短でお金借りる!今すぐ借りれるカードローン
今すぐお金を借りることが必要な時、そんな緊急時は誰でも頭の中が不安でいっぱいになり、正しい判断ができなくなってしまいます。

どうにかして最短でお金を借りる方法を探す状況だとしても、落ち着いて慌てず信頼できるか会社からお金を借りる方法を探すべきです。

間違っても非合法な金利をとる闇金融などに手を出さないようにして、冷静な判断のもとで行動することがとても大事になってきます。

今すぐお金を借りるなら!信頼できるカードローンがおすすめ

今すぐお金を借りるなら!信頼できるカードローンがおすすめ
今すぐ最短でお金を借りるなら、テレビCMなどでも良く目にする大手キャッシングサービスが即日でお金を借りるにはおすすめ。

カードローンの会社にもよりますが「30日間無利息融資」や「50万円まで収入証明不要」「ネット申し込み後の審査通過で即日融資」など、独自のサービスを提供しているキャッシングはお金が無い緊急時に本当に助かります。

必要書類として「運転免許証」や「健康保険証」などの身分証明書は必ず必要になりますが、担保や保証人も必要ないので他人に迷惑をかけることもありません。

今すぐ最短でお金を借りるなら、まずはネットからあなたの状況を正しく入力して、借り入れ可能か調べてみることをおすすめします。

今すぐ最短でお金を借りるならおすすめのキャッシングで

アコム アイフル プロミス SMBCモビット みずほ銀行カードローン
ネット申し込み
あり
あり
あり
あり
あり
最短融資
最短30分で審査回答、最短1時間で融資可能
最短1時間で融資可能
最短1時間で融資可能
最短即日融資可能(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
最短翌営業日の融資可能
特典
30日間無利息融資
初めての方に限り最大30日間利息0円サービス
初回利用の翌日から30日間金利ゼロ
来店不要で即日融資可能
みずほ銀行のキャッシュカードですぐに利用可能
メリット ①最短30分で審査回答
②いつでも返せて利息は利用日数分だけ
③ネットやATMから24時間借入、返済可能
①ネットで融資可能か1秒診断あり
②カード郵送の配送時間を指定できる
③最短30分で審査完了
①WEB完結だと自宅への郵送物が無し ①指定の銀行に口座があるとネット完結申込みあり
②10秒で簡易審査結果表示
③スマホアプリでも入出金可能
①コンビニATMでも時間外手数料無料
②大手メガバンクなので金利が低い
③WEB完結申込みなら24時間受付
④使いみち自由で最大800万円まで
郵送物
カードは自宅へ後日郵送
カード郵送、配送時間帯は選べる
カードは郵送希望か不要か選べる
カード希望は郵送
Web完結なら郵送物なし
郵送不要
提携ATM セブン銀行
ローソンATM
コンビニ E net
アコムATM
セブン銀行
イオン銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
ローソンATM
コンビニ E net
親和銀行
福岡銀行
熊本銀行
三井住友銀行
ゆうちょ銀行
コンビニ E net
ローソンATM
セブン銀行
三菱UFJ銀行
西日本シティ銀行
イオン銀行
横浜銀行
東京スター銀行
第三銀行
福岡銀行
熊本銀行
親和銀行
広島銀行
八十二銀行
セブン銀行
三井住友銀行
三菱UFJ銀行
ゆうちょ銀行
ローソンATM
ファミリーマート
ミニストップ
プロミス
みずほ銀行ATM
コンビニATM
収入証明書
借入が50万円以下で他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は不要
借入が50万円以下で他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は不要
借入が50万円以下で他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は不要
借入が50万円以下で他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は不要
借入が50万円以下で他社を含めた借入総額が100万円以下の場合は不要
借入限度額
1万円~800万円
1万円~500万円
1万円~500万円
1万円~800万円
10万円~800万円
実質年利
3.0%~18.0%
4.5%~18.0%
4.5%~17.8%
3.0%~18.0%
2.0%~14.0%
在籍確認
電話あり
電話あり
あり(電話なしで写真付き社員証などの書類確認も可能)
あり(電話なしで写真付き社員証などの書類確認も可能)
電話あり
バイトの学生
20歳以上で借入可能
20歳以上で借入可能
20歳以上で借入可能
20歳以上69歳以下で借入可能
20歳以上で借入可能
パートの主婦
20歳以上で借入可能
20歳以上で借入可能
20歳以上で借入可能
20歳以上69歳以下で借入可能
20歳以上で借入可能
無職・ブラックの場合
借入不可
借入不可
借入不可
借入不可
借入不可
公式HP アコム公式HP アイフル公式HP プロミス公式HP SMBCモビット公式HP みずほ銀行公式HP

最短でお金を借りるなら即日融資が可能かチェック

今すぐ最短でお金を借りるなら即日融資が可能かチェック
最短ですぐにお金を借りる場合には、まず即日融資が可能なのかをチェックして、その後に金利をチェックしておく必要があります。

即日融資が可能でも高額な金利をとる闇金業者などから借りると、後から利息だけ膨大に膨らみ、親戚身内までも借金の取り立てで迷惑をかけることになります。

その点、テレビCMなどで有名なキャッシング業者は、ネットで申し込みが可能で最短30分ほどで審査を終えて、申し込みの時間帯にもよりますが大抵の場合は即日融資が可能です。

更に金利もネット申し込みのページに大きく記載されていて、だいたい実質年利は3%~18%ほどになります。

また大手銀行系のカードローンは金利の面でかなりお得になりますが、申込みや審査で時間がかかり、即日融資はまず無理だと言えます。

ただ、このページで紹介している「みずほ銀行のカードローン」の場合、ネット申し込みの場合だと審査が最短で翌営業日に出ますので、融資も即日の場合には申込みから翌営業日に借入が可能になります。

更に初めての申し込みの場合、契約日より30日間は無利息(金利ゼロ)サービスをしている会社もありますので、初めてのキャッシングの場合には「30日間無利息のサービス」を提供しているキャッシング会社を利用するのがおすすめです。

最短でお金を借りる場合の審査と在籍確認について

最短で今すぐお金を借りる場合の審査と在籍確認について
今すぐお金を借りたい場合でもカードローンで初めてお金を借りるあなたは、「自分が審査に通るのか?」また「職場に電話がかかってきてカードローンで借りることがみんなにバレるのではないか?」と不安になってしまうかもしれません。

カードローンの申し込みがあった場合、どこの銀行や消費者金融でも必ず審査が行われます。

カードローンの借入申込の審査基準は

借入審査の結果については各会社で独自の判断もあり多少異なりますが、基本的には信用調査会社に個人情報を問い合わせして、過去の公共料金の未払いや滞納状況、クレジットカードや信販会社への未払いや滞納状況、また自己破産や債務整理の有無などを確認されます。

初めてお金を借りる場合には他社の借金などは無いでしょうから、公共料金や月々の支払いなどがしっかり支払われていれば審査に落ちることはまずありません。

また他社に借金がある場合でも、毎月の支払いをちゃんと納めていれば、逆に「この人は支払いの約束を守る信用できる人だ」と判断されるので、高評価につながります。

カードローンの審査は決して不安に思うものではなく、例え審査に落ちたとしても、家族や会社に連絡が行くような事もありませんので、今すぐお金を借りたいと思っている場合には、まずは自分の信用状況がどうなのか申し込みしてみるのが正しい選択になります。

お金が今すぐ必要な状況なのに、自分が審査に通るのかが不安で申し込みをしないでいると、逆に支払いまでの日にちが過ぎてしまい、余計に切迫した状態になりますので、「一応確認してみよう」くらいの気持ちで借入申し込みをしてみましょう。

カードローンの審査の次は職場へ在籍確認

借入申込で審査に通ると安定した仕事に就いているか確認になります。

一般的にはカードローン会社からあなたの職場へ、あなたが申請した会社で働いているのか電話確認する「在籍確認」が行われます。

あなたの職場へ在籍確認をする理由は、あなたに「毎月一定額の安定した収入があること」がカードローンを利用する必要条件になっているからです。

この場合、カードローン会社は匿名であなたの会社に電話をかけますので、消費者金融や銀行で借入申し込みをしたとバレる事はありません。

在籍確認の電話は下記のような形になります。

在籍確認の電話の流れ

あなたの職場
はい、お電話ありがとうございます。◯◯商事でございます。

在籍確認担当者
あ、すいません。◯◯(担当者の個人名や偽名)と申しますが、◯◯さん(あなたの名前)はいらっしゃいますか。

あなたの職場
申し訳ありません。只今、席をはずしておりますが、どのようなご用件でしょうか?

在籍確認担当者
あ、いらっしゃらないのであれば緊急ではないので結構です。また掛け直させていただきます。

あなたの職場
かしこまりました。では失礼致します。

このように、あなたが職場にいなくても、在籍していることが確認できれば良いのが「在籍確認」の電話です。

カードローンの担当者も、自分の会社名は名乗らずに個人名だけで電話をかけてきますので、職場の電話に出る担当者にあなたがカードローンで借入をしたとはバレません。

ただし、滅多にあなたに電話がかかってこないような職場の場合、個人名であなた宛てに電話が掛かってきただけで変に思われる事がある場合、必要書類の確認で在籍確認なしで行けるカードローン会社もあります。

必要書類があれば電話連絡なしのカードローンもある

必要書類を提出できれば、あなたの職場へ電話連絡なしで済むカードローン会社が「SMBCモビット」、相談すると対応してくれる可能性があるのが「プロミス」になります。

必要書類を用意すれば電話連絡なしのSMBCモビット

必要書類を用意すれば在籍確認なしのSMBCモビット
通常だと在籍確認を電話でするSMBCモビットでも、条件付きで職場への電話連絡なしで借りることも可能になります。

SMBCモビットはインターネット申し込み後、契約までの全てをウェブで完結できるサービスがあり、必要な書類を揃えておけば職場への電話連絡なしでもカードローンを利用することができます。

※SMBCモビットでは電話連絡なしで申し込む場合、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の普通口座を持っている必要がありますので、先に口座開設しておくと便利です。

SMBCモビットで電話連絡なしでカードローンを利用する場合は、下記の書類を揃えておかなければなりません。
  • 三井住友銀行or三菱UFJ銀行orゆうちょ銀行の普通口座が必要
  • 写真付きの本人確認の書類(運転免許証orパスポート)
  • 収入証明書(源泉徴収票、税額通知書、所得証明書、確定申告書、直近2ヶ月の給与明細)
  • 勤務先を確認できる書類(社会保険証or組合保険証、直近1ヶ月の給与明細)

これらの必要書類をスマホなどで撮影し、ウェブの借入申し込み時に必要書類の画像をアップロードします。

SMBCモビットで審査が通れば「職場への電話連絡なし」でキャッシングを利用することが可能になります。

しかし残念ながら、社会保険に加入していないアルバイトやパートさんの場合には、SMBCモビットでも在籍確認なしでお金を借りることはできません。

サラリーマンや公務員など、どうしても職場への電話連絡をしてほしくない場合には、必要書類を揃えてから「SMBCモビット」でウェブ借入審査に申し込んでみることをおすすめ致します。

SMBCモビット公式サイト

申し込み後に在籍確認なしの相談ができるプロミス

申し込み後に在籍確認なしの相談ができるプロミス
プロミスは職場に電話で連絡する在籍確認を必要としていますが、電話での在籍確認をしてほしくない場合は「ウェブ申し込み後にすぐ電話で相談してみること」をおすすめします。

SMBCモビットと同じように、プロミスにも独自の必要書類や条件などがありますが、これらが全て揃うようであれば職場への在籍確認なしでカードローンを利用することが可能になります。

※プロミスでは在籍確認なしで申し込む場合、三井住友銀行か三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行かみずほ銀行の普通口座を持っている必要がありますので、先に口座開設しておくと便利です。

プロミスで在籍確認なしでカードローンを利用する場合は、下記の書類を揃えておかなければなりません。
  • 三井住友銀行or三菱UFJ銀行orゆうちょ銀行orみずほ銀行の普通口座が必要
  • 本人確認の書類(運転免許証orパスポートと住民票or健康保険証と住民票)
  • 収入証明書(源泉徴収票、確定申告書、直近2ヶ月の給与明細と直近1年分の賞与明細)
  • 勤務先を確認できる書類(社会保険証or組合保険証)

これだけ必要書類を揃えても、プロミスの方で判断して在籍確認が必要となれば職場への電話確認があります。

絶対に職場への電話連絡をしてほしくないのであれば、必要書類を揃えて迷わずSMBCモビットを利用することをおすすめします。

ただSMBCモビットでは「初めての場合の契約から30日間無利息サービス」などが無いため、個人的には職場への在籍確認があってもお得な無利息サービスを活用する方がおすすめですね。

今すぐお金を借りる際の借入限度額はどのくらい?

今すぐお金を借りる際の借入限度額はどのくらい?